NEWS

COLUMN

【黄金色の畑で】大麦、小麦、どっちがどっち?

2019.06.03

梅雨前のカラッしたお天気の6月、今日はfarmstudioのメンバーで大麦と小麦の収穫です。

収穫前に、山田さんが麦教室を開いてくれました。

麦は大きく分けて二種類、大麦と小麦があります。さらに大麦は六条麦と二条麦に分類されるそうなのですが、麦の筋の数でその名前がついているのだそう。よく聞く六条麦は麦茶などに使われていて、二条麦はビール向けに品種改良されているのだそうです。

山田屋さんが学生時代に描いたスケッチをみせてくれました。すごい!美しい!麦からでているひげのようなものは「芒(ぼう)」というそうです。

「今日はこの、大麦のなかでも六条麦のもち麦と、小麦を収穫します~!」と、畑へ。

すっかり黄金色になった金麦畑をずんずん進みます。

さて、どっちが小麦でどっちが大麦かわかりますか^^??正解は、一枚目が小麦。二枚目が大麦です。

ダダダ!と機械を走らせ、収穫していきます。みんな初体験ですが、上手に運転できました◎

大麦は少しの量だったので手でプチプチと穂の部分を収穫。

あっという間の収穫。小麦はこの後脱穀して、乾燥させます。製粉したら全粒粉に。

小麦も一粒からこんなに広い世界が広がるなんて。麦ひとつとっても、おもしろい。
今日もまた、新しい発見がつまった一日となりました。

来年からはみなさんと一緒に、こうした体験農園を拓いていきたいと考えていますので、お楽しみに。さぁさ!楽しくなってきました~!!

Photo&Writing:ShokoFujita

  • 担い手山田屋

    滋賀の観光農園で下積みを経て、2012年に淡路島へ移住。「いちご農家でジャム屋さん」をキャッチコピーにジャムの販売やいちごの観光農園の運営を行う。

  • 担い手シマトワークス

    「わくわくする明日を、この島から。」がモットー。淡路島を拠点に、新規事業や既存事業の戦略づくり、企画提案を行う。farm studioの企画・運営を担当。